フィラリア薬で怖いフィラリア症を完璧に予防するのが第一歩

犬の画像 日本で犬を飼う際に、高い確率で必要といわれているフィラリア予防薬。

獣医師からも使用を推奨されているため、予防の時期になると飲ませているという方も大勢いらっしゃることと思います。

しかし、実はフィラリア予防薬を使っているけれど、この薬がどのようなものなのか、あまり詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。

 

フィラリア薬とは?

犬の画像フィラリア予防薬はその名のとおり、フィラリアを予防する目的で開発されたペット用の医薬品です。

フィラリアは蚊が媒介となってペットの体内に侵入し、体内へと侵入した幼虫は成長しながら心臓や肺動脈へ移動して成虫になります。

成虫になったフィラリアはそこで繁殖して増えることでフィラリア症を発症します。

つまり、幼虫が心臓や肺動脈に移行し成虫になるのを食い止めればフィラリアを発症しないと考えることができます。

フィラリア予防薬はこの点に注目して作られており、蚊が媒介したフィラリアの幼虫が皮下組織や筋肉、脂肪の中にいる間にまとめて死滅させます。

この作用によってフィラリア症の原因となるフィラリアの幼虫を取り除いてフィラリアを予防します。

フィラリア薬をきちんと飲ませていれば、フィラリア症は確実に予防できます

 

 

フィラリア薬は市販されていない

通販ユーザーのイメージ画像フィラリアは致死率が高く、発症してからの治療も難しいという特徴があります。

治療することはできても完治させることはできないので、発症してから治療するよりもかからないように予防することが大切です。

蚊が多い日本では、フィラリアに感染してしまう可能性も高いので、フィラリア予防は愛犬の命を守るために必要なものといえます。

 

大変重要なものですが、フィラリア予防薬はペットショップやホームセンターでは手に入れられません。

ノミダニ駆除薬では市販薬が作られていますが、フィラリア予防薬は市販薬に当たるものは作られていません。

つまり、一般販売されていないので、ペットショップやホームセンターでフィラリア予防薬を探しても見つけることはできません

仮にフィラリア予防に効果がありそうな市販薬があったとしても、市販薬は効果が弱く、持続時間も短いものがほとんどです。

確実にフィラリアを予防するには効果が足りないので、注意が必要です。

 

 

では、フィラリア予防薬の入手法は?

病院で診察を受ける犬の画像フィラリア予防薬は医薬品の一種のため、動物病院で処方してもらうことができます。

日本の場合、フィラリア予防薬は獣医師に処方してもらうのが一般的とされており、ほぼ全ての動物病院で処方してもらうことができます。

肝心の価格は犬の体重によって変化し、利用する動物病院によっても設定が大きく変化します。

基本的に、フィラリアの予防薬は保険適用の対象外となるため保険外診療となります。

そのため、ペット保険などを利用することができないのでかかる薬代などは全て負担する必要があります。

また、保険外の自由診療は病院がその価格を設定することが可能であるため、利用する病院によって必要な料金が変化するのです。

1錠あたり大体いくらくらいするのかという相場は、錠剤やチュアブル錠で安くて500円高くて3,000円ほどです。

スポットタイプだと1本あたり安くて1,200円高くて4,500円ほどの設定がされていることが多いようです。

また、注射の場合は4,500円から9,200円ほどの価格設定が大体の相場になっています。

 

また、フィラリアを予防するためのフィラリア薬は月に1度の投与を蚊がいる時期には継続して行う必要があります。

そのため、上記の価格を必要な月数分かけたものが、年間のフィラリア予防に必要な料金となります。

 

フィラリア薬は個人輸入でも手に入れられる

犬の画像フィラリア予防薬の入手方法は、すでに触れたように動物病院での処方が一般的とされています。

しかし、入手方法がそれに限られているわけではなく、現在では個人輸入という方法で手に入れることもできます

個人輸入というのは、海外から医薬品を個人的に輸入する手法です。

通常、医薬品は医師から処方してもらう必要がありますが、個人輸入を利用する際は、医師の処方が無くとも医薬品を直接海外から取り寄せることが可能になります。

海外業者と直接やり取りをしなければならないため、ある程度の英語のスキルが要求されますし、医薬品の輸入に関する知識も必要となるので、実際に個人で医薬品を輸入することは容易ではありません

しかし、個人輸入を利用すると、海外で販売されているフィラリア薬を処方箋無しで手に入れることができたり、日本ではまだ認可がされていない医薬品でも海外で認可されていれば輸入して使う事ができます。

 

注目を集めている個人輸入

犬の画像個人輸入は昔から行われてきた方法ですが最近改めて注目されるようになりました。

その要因となったのが、インターネットの普及や個人輸入の代行サービスの登場にあります。

個人輸入は本来個人で行うもので、そのハードルは高かったのですが、個人輸入の様々な手続きを全て代行してくれるサービスが登場し、インターネットから簡単に代行サービスを利用できるようになっています。

 

そのため、現在では非常に多くの人に個人輸入代行サービスが利用されているのです。

バナー画像

よく見るフィラリア薬の通販って?

犬の画像個人輸入代行サービスをしてフィラリア予防薬を手に入れる手順は非常に簡単です。

インターネットを検索すると、フィラリア薬が通販で販売されていたりします。

実はこの通販サイトの多くが、個人輸入代行サービスです。

個人輸入の代行ではありますが、インターネット通販を利用する手順と変わらない方法で利用できるので、個人輸入代行というよりは通販という風に認識されているわけです。

 

当然、フィラリア薬の通販サイトで取り扱われているフィラリア予防薬は、実際に動物病院で処方してもらうことができるものばかりです。

海外からの輸入であるため、輸入できる物は基本的には海外で作られたものになります。

通販を利用すると、動物病院を利用したときよりも安い価格でフィラリア薬を手に入れることができます。

また、通販サイトは病院とは違って、利用する時間に縛られることはありません。

病院で処方してもらう場合は、病院の診察時間内に診察を受けて薬を投与してもらったり処方してもらう必要があります。

しかし、通販はそうした時間的な制限が全くないので気軽に利用できるといったメリットもあります。

 

フィラリア薬の個人輸入代行は気を付けて使おう

通販ユーザーのイメージ画像フィラリア予防薬を購入できるのは個人輸入代行の通販サイトのみです。

一般的なペット用品を取り扱っている通販では取り扱われていないので、注意しましょう。

日本語で注文することができ、納期がはっきり設定されていて正規品のみを取り扱っている通販サイトの利用がおすすめです。

しかし、日本語で書かれている通販サイトでも、全てのサイトが安全というわけではないので注意しなくてはなりません。

中には悪質業者が運営しているところもあるので、通販を利用するときは信頼できると判断できるところを選んで利用しましょう。

利用者が多く、実績も十分にある大手の通販サイトを利用すると、安心して予防薬を購入できます。

口コミで良い評判を集めている通販も安全性が高いといえるので、そういった通販の利用もおすすめです。

 

通販を利用してフィラリア薬を手に入れるときの価格は?

犬の画像通販でフィラリア予防薬を購入した場合、値段はいくらになるのか気になる方もいらっしゃると思います。

薬の種類や通販サイトによって、細かな価格は変化しますが、通販での大体の相場は動物病院で取り扱われている価格の半額です。

送料が気になるかもしれませんが、通販サイトの中には最初から送料を無料にしているところもあります。

また、まとめ買いで送料が無料になったりする場合もあるので、送料がかなりかかってしまう可能性は低いといえるでしょう。

 

ほかにも、通販サイトの中にはまとめ買いに対応しているところもあります。

このようなサイトの場合、ある程度の個数をまとめて注文することによって、割引してもらえることがあります。

動物病院の半額になっているフィラリア予防薬を、さらにお得な価格で手に入れられるため、よりお得に愛犬のフィラリア予防ができます。

一度の注文で必要な分を購入できるため、多頭飼いをしている方々からの注目を集めています。

 

まとめ買いはとても便利ですが、少し気をつけなくてはならない点もあります。

あまりにたくさんの量をまとめ買いしようとすると、個人使用以外の目的での購入ではないかと疑われて、税関で荷物が止められてしまう可能性があります。

税関で止められてしまった場合、担当税関の連絡先や通知番号、連絡事項などが書かれた通関手続きのお知らせがハガキで届きます。

この場合、税関に連絡をして手続きを済ませ、個人使用を目的としていることを伝えなくてはなりません。

止められた理由ごとに必要な手続きが異なるので、税関の職員から理由を聞き、指定された手続きに従って完了する必要があります。

少々手間がかかってしまうので、結構な量をまとめ買いするときは小分けにして送ってもらうか、複数回に分けて注文しましょう。

 

 

通販ならジェネリックのフィラリア薬もある

通販ユーザーのイメージ画像通販でフィラリア薬を購入する場合、ジェネリックを選ぶこともできます

ジェネリックは人間用の医薬品でも作られているため、名前を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

先に開発された先発薬の特許が切れたあとに作られるもので、先発薬と同じ成分を配合した薬がジェネリック医薬品です。

先発薬と同じ効果を期待することができるため効果が劣るということはなく、同じ効き目を期待できるのが魅力です。

 

日本ではジェネリック医薬品そのものの浸透率が低く、ペット用の医薬品ではジェネリック医薬品が作られていません。

しかし、海外ではさまざまなペット用のジェネリック医薬品が作られており、その中にはフィラリア予防薬のジェネリックもあります。

フィラリア予防薬のジェネリックを選べば、動物病院にお世話になるよりもお得にフィラリア予防を行うことができます。

 

 

フィラリア予防薬のジェネリックを買うときの価格は?

犬の画像フィラリア予防薬はジェネリックの場合、安い価格で手に入れることができます。

ジェネリック医薬品の一番の特徴は安さにあります。。

先発薬の価格は、薬の開発にかかった費用を回収するために高めに設定されています。

1つの薬を作るのに数十年という時間が掛かったり、何十、何百億と言われるほどの研究費が必要になると言われています。

ですから、新しい医薬品が作られると特許権が与えられ独占的に販売できます。

ジェネリック医薬品は既に作られている医薬品を研究するだけで、新しく成分を開発したりといったことが必要ありません。

新しい成分の研究や開発に係る費用がゼロなので、新薬よりも価格を大幅に抑えられるのです。

 

そのため、通販でフィラリア予防薬のジェネリックを購入する場合、動物病院で処方してもらうよりも激安価格で手に入れられます。

ジェネリック医薬品は先発薬より安いと本当に効果があるのか心配になってしまいますが、安いからと言って効き目が弱くなるということもありません。

 

ジェネリック医薬品の活用はフィラリア予防に必要な費用の大幅な節約に繋がり、金銭的な負担を軽くできます

フィラリア予防薬のジェネリックの具体的な価格は、動物病院で取り扱われている価格の大体4分の1です。

たとえばカルドメックチュアブルのジェネリックであるストロングハートプラスの場合、6ヶ月分で大体2200円ほどで販売されています。

動物病院でカルドメックチュアブルを処方してもらうと、6000円や9000円ほどかかることが多いので、ジェネリックがいかに安くてお得なのかよくわかるのではないでしょうか。

このように、価格に大きな違いがあるため、実際にジェネリックを使ってフィラリア予防をする方も増えてきています。

激安価格でフィラリア予防薬を一度でも手に入れたいと考えたことがあるのなら、ジェネリックがおすすめです。

 

 

フィラリア予防薬はネットで買うほうが圧倒的にお得!

ご紹介したように、フィラリア予防薬の入手方法は大きく分けて

・動物病院での処方

・通販での購入

と2つあります。

もっとも安心できるのは動物病院で処方してもらう方法で、獣医師から直接フィラリア予防薬の投与の仕方について説明や既にフィラリアに感染していないかといった検査をしてもらえます。

犬の画像しかし、動物病院で処方してもらう場合には、どうしても金銭的な負担が大きくなってしまったり、近くに動物病院が無い場合は足を延ばす時間が必要になったりといったデメリットがあります。

 

これに対し、通販でフィラリア予防薬を購入すると処方してもらうよりも安い価格で手に入ります

獣医師から投与方法について説明してもらうことはできませんが、そのかわり、自分の都合のいいタイミングで予防薬を注文することができます。

ジェネリックを選ぶと激安価格になるので、金銭的な負担が軽くなり、薬代を節約しつつフィラリア予防を行えます。

このような面があるため、フィラリア予防薬はネットで購入したほうがお得であるといえます。

最初の1回分を動物病院で処方してもらい、以降はネットで購入するようにすれば、より安全にフィラリア予防を行うことができるでしょう。

ネット購入を上手に活用して、フィラリア予防薬を少しでもお得に手に入れましょう。

バナー画像